AGAの新しい治療薬の「サガーロ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

AGAの新しい治療薬の「サガーロ」とは?

「サガーロ」とは、グラクソ・スミスクライン株式会社が2015年9月28日に承認された新しいAGA(エージーエー)の治療薬です。
同社より2016年6月13日に発売される予定となっています。

サガーロ(ZAGALLO)の名前の由来ですが、
「Z」は、「進化した」「最後の砦」「究極」という意味合いがあります。
また、ご存知の通り「AGA」は、男性型脱毛症という意味です。
「LLO」は、スペイン語風で語感の良さとイタリア語では語尾が「o」で終る名詞は男性を意味しており、
究極のAGA新薬「ZAGALLO」サガーロと名付けられました。

サガーロについて

【販売名】
ザガーロカプセル0.1mg
ザガーロカプセル0.5mg

【効果効能】
男性における男性型脱毛症
※1 男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。
※2 20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。

【有効成分】
デュタステリド(dutasteride)

【規制区分】
劇薬
処方せん医薬品
※注意 - 医師等の処方せんにより使用すること

【用法・用量】
男性成人には、通常、デュタステリドとして0.1mgを1日1回経口投与する。
なお、必要に応じて0.5mgを1日1回経口投与する。

【使用期限】
0.1mg:30ヶ月
0.5mg:36ヶ月

【添加物】
ジブチルヒドロキシトルエン
中鎖モノ・ジグリセリド
ゼラチン
グリセリン
濃グリセリン
酸化チタン
黄色三二酸化鉄(0.1mg)
三二酸化鉄
中鎖脂肪酸トリグリセリド
レシチン

【副作用】
・勃起不全
・リビドー減退
・精液量減少
・射精障害
※承認時

(1)重大な副作用
肝機能障害、黄疸(頻度不明注1)):AST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビンの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので、
観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

(2)その他の副作
・過敏症
(発疹 蕁麻疹、アレルギー反応、瘙痒症、限局性浮腫、血管浮腫)
・精神神経系
(頭痛、抑うつ気分、浮動性めまい、味覚異常)
・生殖系及び乳房障害
(性機能不全、リビドー減退、勃起不全、射精障害、乳房障害、女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感痛、乳房痛、乳房不快感、精巣痛、精巣腫脹)
・皮膚脱毛症
(脱毛症、体毛脱落、多毛症)
・消化器
(腹部不快感 腹痛、下痢)
・その他
(倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TwitterやRSSでもご購読できます。