プロペシアの副作用の罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

プロペシアの副作用の罠

プロペシアは、一般名「フィナステリド」と呼ばれ、医師が処方する世界で初めてのAGA治療薬(男性型脱毛症用薬)として知られています。
AGA治療薬(男性型脱毛症用薬)としての効果が期待できる反面、プロペシアの副作用には十分気をつける必要があるのです。

プロペシアの副作用と罠?

今回のはげコラムは、プロペシアの副作用の罠と業界の闇とは?について記述します。

「プロペシア」や「プロペシアの副作用」と検索すると、
「プロペシアの副作用の罠」や「プロペシアの副作用の罠と業界の闇」という入力補助キーワードや関連検索キーワードが表示されます。

実際にプロペシアの副作用は、以下のようにいくつかあります。
(プロペシアの添付文書)

プロペシアによる重大な副作用

肝機能の障害(頻度は不明です)
肝機能への障害があらわれることがあります。

プロペシアによる男性特有の副作用

睾丸痛
射精障害
精液の質低下(精子濃度減少)
精子運動性低下
精子形態異常
性欲の減退
男性機能の低下
男性不妊症
勃起機能不全
無精子症

プロペシアによるその他の副作用

血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹などを含む)
蕁麻疹
乳房圧痛
乳房肥大
発疹
めまい
痒痒症
抑うつ症状

AGAの治療薬(男性型脱毛症用薬)としての効果を伝えると同時に
プロペシアの副作用の罠や危険性を伝えることが重要です。

これらのプロペシアによる副作用(プロペシアの添付文書)を理解すれば、
プロペシアによる治療を断念した方も中にはいるかもしれません。

もちろん、プロペシアによる副作用(プロペシアの添付文書)を理解することは重要ですが、
実は、プロペシアの副作用には闇の部分が隠されているという噂があります。
プロペシアの副作用(プロペシアの添付文書)が大きく取り上げられる理由です。

プロペシアの副作用と闇について

実は、発毛育毛に関するビジネス業界が関係しているというのです。
発毛や育毛などに関するヘアケアの市場規模は4,400億円を超えます。

※矢野経済研究所による市場調査によると
2015年度のヘアケア市場は4,432億円となっています。

出典:2015年度のヘアケア市場規模は前年度比100.4%の4,432億円を予測
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001435

もしも副作用がなく本当に髪の毛が生える発毛効果が期待できるとすれば、
発毛や育毛に関するヘアケア業界を一変させる力があるのです。

この世の中にはプロペシア以外に発毛剤や育毛剤など多数のヘアケア商材が存在しています。

成年以降の男性の多くが薄毛や抜け毛で悩んでいるので、
大手ヘアケアメーカーや大手医薬会社も発毛や育毛に関するヘアケア商材の商品開発に力をいれています。

そんな大手メーカーや医薬会社が開発した発毛剤や育毛剤といったヘアケア商材によりも、
プロペシアの効果があることが世の中に知れ渡れば
大手ヘアケアメーカーや大手医薬会社の発毛剤や育毛剤は売れなくなる可能性があります。

有力なライバルであるプロペシアをつぶしたい!
これが、プロペシアの副作用をうたう業界の闇といわれ
プロペシアの副作用の罠といわれる理由です。

どの業界にも闇の部分は存在します。
決してヘアケア業界だけではありません。

このプロペシアの副作用の罠やヘアケア業界の闇を信じる否か、
その判断はあなた次第です。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TwitterやRSSでもご購読できます。